今更ながら、自分のプロフィールを開示してみる。

その他

どうも、taigaです。

投稿し始めてから21日が経過しましたが、「そういえば自己紹介をしてなかったな…」と今更になって思い至りました。

自己紹介から始めるのは社会人の基本なのにね。

社会に適合できてないので仕事辞めた方が良い?

自己紹介。

ということで今更な感じもありますが、自己紹介していきます。

自己紹介とはいえ、

1995年生まれの25歳とか、

早稲田卒とか、

関東圏で公務員をやっているとか、

そんな情報を羅列するのはつまらないので、人生の節目ごとの簡単な年表で自己紹介をしていこうと思います。

とりあえず高校入学から。

関東の某男子校に入学する。

甘酸っぱい高校生活を夢見ていたのに、広がっていたのは酸っぱい汗の匂いがする高校生活でした。

とはいえ、男だけの生活は何だかんだで濃密で超楽しかったですね。おすすめです。

授業中にパンツ一丁の同級生がいたり、下着が宙を飛び交ったりします。

⋯いや冷静におかしいね?

高校卒業と同時に浪人生になる。

まぁ全然勉強してなかったから、予想通りではありました。

ただ、「受験はロトシックス」って甘い言葉で誘惑して僕を遊びに連れ歩いたあの先輩を、僕は今でも許してない。

現役時の大学受験では、受験大学に比べて学力が圧倒的に足りてなかったので、当時はもはや開き直ってて清々しい気持ちで受験会場に向かってましたね。

おそらく試験会場の誰よりも自信に満ち溢れた強者の風格を纏っていたと自負してる。

予備校生時代、狂ったように勉強をする。

本当に何処にも受かる気がしなかったから、1から本気で勉強しました。

というか、高校時代の勉強量が少なすぎて元々1だった説もあります。

まぁ変な知識とかを詰め込んでいたらそれが邪魔になっていたと思うので、空っぽで1から始められたのは良かったのかもしれないです。

センター試験直前とかはベッドで寝過ぎて時間を無駄にしないように、机の下で丸まって寝てたのは良い思い出。

…うん。良い思い出ということにしておきたい。

偏差値を20近く上げて早稲田大学に入学する。

目標にはしてたけど、正直受かるとは思ってなかった早稲田大学に入学。

拾ってくれた早稲田に感謝ありません。

まぁ感謝はしてても、校歌は「わっせだ〜、わっせだ〜」って連呼するところしか覚えてない。

あと卒業してしばらく経つけど未だに分からない「わせだ、わせだ、しあ”わせだ”」って掛け声。

あれマジで何?

サークルは他大学のインカレサークル入ってたから、学内の友達は片手で数えるくらいしかいませんでした。

これも良い思い出ってことにしたいね。

就活で心が折れる。

世間には、早稲田大学なら就活余裕っしょ!みたいな雰囲気が蔓延っているけど、そんなことは全然なかった。

何十社エントリーしたのか分かりません。

数多の企業に祈られ、心は折れました。

なので、某携帯キャリアの最終で落ちた時に「携帯のキャリア替えよ☆ あと、向いてないからもう就活もやめちゃお☆」ってなったのは自然なことだったと言える。

とりあえず公務員を目指してみようと思い立つ。

就活を辞めたことだし、とりあえず公務員試験を受けてみようと思い、締め切りギリギリで幾つかの自治体に申し込みました。

公務員試験までの残り時間は約2ヶ月。

諦めて来年受験しようかとも思ったのですが、高校の先輩の「受験はロトシックス」という言葉に励まされて、とりあえず受けることにしました。

サンキュー、先輩。

効率を意識して勉強する。

残された時間が短すぎたので、効率だけを考えて2ヶ月みっちり勉強しました。

みっちりは嘘でした。

試験1週間前から何故かデュエルリンクスを始めてたよね、そういえば。

人間、追い込まれると何をやるか分からないですね。

まぁ受けた自治体の筆記試験は全部突破したので、良しということにしましょう。

「終わり良ければ全て良し」と言うからね。

関東圏で公務員として働き始める。

そんなこんなで今に至ります。

終わりに。

ざっくりとした来歴ですけど、僕の半生はこんな感じでした。

受験とか試験勉強はそれなりに経験してきたので、十八番と言っても過言ではなさそうです。

なので、勉強方法についての投稿も今後やっていこうと思います。

あと、今年入ってから2日で1冊ペースで本も読んでいるので、読んだ本の要約とかもやっていきたいですね。

 

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました