新型iPad mini第6世代の最新リーク情報まとめ【2021年3月発売】

apple製品

ども、taigaです。

今日は昨日に引き続き、新型iPadのリーク情報のまとめ記事です。

昨日は新型iPad Proでしたが、今日は新型iPad mini(第6世代)の情報と、更にその次のモデルであるiPad mini(第7世代)の噂についてまとめていきます。

Apple製品のサプライヤーに近い台湾メディアのリーク情報や、信憑性の高いリーカーの情報をもとに、 

  • iPad mini(第6世代)のスペック等
  • iPad mini(第7世代)についての噂

の2点についてまとめていきます。

 

なお、新型iPad Proの情報新型iPad(無印)については別の記事で触れているので、気になる方は下の記事をチェックしてください。

↓新型iPad Pro

↓新型iPad(無印)

 

新型iPad mini(第6世代)のリーク情報まとめ

現行モデルであるiPad mini(第5世代)は2019年3月に発売されているので、iPad miniは今回でちょうど2年ぶりのアップデートですね。

周期的にはちょうどいいタイミングなので、発表されるのはほぼ確定だと思われます。

 

前置きはこの辺にして、新型iPad miniについて、

  1. ディスプレイサイズ
  2. デザイン
  3. チップ
  4. 端子

の4点をまとめていきます。

 

ディスプレイサイズ

新型iPad miniのディスプレイサイズについてですが、ディスプレイは現行の7.9インチから8.4インチにアップデートされる可能性が高いとのことです。

新型iPad miniについては「9インチになってフルディスプレイ化する」と昨年から言われており、ちょいちょいフルディスプレイ化されたiPad miniの画像も出ておりました。

なので、フルディスプレイ化を期待していた方も多くいたかと思います。

しかしながら、新型iPad miniのフルディスプレイ化については著名リーカー達が否定しているので、残念ながら可能性は低そうです。

 

デザイン

新型iPad miniのディスプレイが8.4インチになるということは、デザインとしてはベゼルが細くなってホームボタンが搭載されるのではないかと予想されます。

イメージ的には、フルディスプレイになる前のiPad ProやiPad Airと同じような形ですね。

 

話は逸れますが、同日に発表を噂されているiPad(無印)第9世代も10.2インチから10.5インチにディスプレイサイズが拡大されると言われております。

そのため、iPadは全てがベゼルが細くなってスッキリしたデザインになりそうです。

 

チップ

新型iPad miniにはA14 BIONICが搭載されると言われています。

A14チップというと、昨年発表されて絶賛されたiPad Air4に搭載されているチップと同じですね。

なので性能に関しては期待できそうです。

 

iPad Air4といえば、最初は「これ買うくらいならiPad Proの前モデル買うわバーカ!!」みたいなコメントばっかだったのに、何故か突然掌返しで絶賛されてましたよね。

あれは一体何だったんだろう……。

集団催眠?それとも怪奇現象?

 

端子

新型iPad miniの端子は、USB-CではなくLightningを継続すると言われています。

つまり使用できるApple Pencilは第一世代のままだと思われます。

これは本当に最悪ですね。

第二世代のApple Pencilの方が使い勝手が良いからというのもありますが、それよりもApple Pencilの充電方式が変わらないというのが最悪すぎる……。

2021年にもなってApple Pencilを座薬みたいに突っ込むクソダサ充電スタイルをとるの?マジで?

 

続いて、iPad mini(第7世代)の噂についてまとめていきます。

 

iPad mini(第7世代)についての噂

iPad miniは今度発表予定の第6世代が最後で、今後は新モデルを生産しないという噂があります。

生産終了の理由としては、

  • 世界的に見たらiPad miniは不人気モデルである。
  • iPad miniに代わる”折り畳みiPhone”が登場する。

の2つが挙げられています。

 

世界的に見たらiPad miniは不人気モデル

日本だとiPad miniは大人気モデルなので意外に思った方も多いかもしれません。

しかしながら、以前イギリスが「iPad miniが必要か否か」を調査したところ、6割以上が「必要ない」と回答したという調査結果が出ています。

日本人は手の大きさ的にminiが使いやすいですが、海外では骨格の違いなどもあるため小さいモデルは好かれないみたいです。

iPhone12 miniも世界的に見たら全然売れてないしね。

 

iPad miniに代わる”折り畳みiPhone”の登場

生産終了の噂の根拠としては、こっちがメインみたいです。

折り畳みiPhoneについては、実際に先日、プロトタイプ2種(縦開きタイプ、横開きタイプ)の耐久試験を行なっているため、今後発表されるのはほぼ間違いないです。

 

開いたらタブレットとして利用でき、閉じたままだとiPhoneとして利用できる折り畳みiPhone。

この登場によってiPad miniは存在意義を無くしてしまうため、生産終了となるとのことです。

 

開いて10インチのタブレットサイズの折りたたみスマホは流石に重すぎるので、折り畳みiPhoneの画面サイズは、恐らく最大でも8インチ程度だと思われます。

そうなれば、同じディスプレイサイズのiPad miniは存在意義がなくなるというのは容易に想像がつきますね。

意外とこの噂は信憑性が高いような気がします。

 

終わりに。

ということで、今日は新型iPad mini(第6世代)のリーク情報のまとめでした。

今回まとめた情報もまだ確定ではないため、今後新たな情報が出てきたらまた記事にしていきます。

 

以上!

また明日っ

コメント

タイトルとURLをコピーしました