【後悔しないために】野原工芸の木軸ペンのデメリットを挙げてみる。

文房具

ども、taigaです。

 

文房具にハマると誰もが通る道だと思うんですけど、

 

野原工芸のペンが欲しくなっちゃうよね????

 

 

いや気持ちはめちゃくちゃ分かる。

けれど、野原工芸のペンは決して安い買い物はないので、買った後に「自分に合わない⋯」となった際のショックは計り知れません。

 

ということで、今日は買ってから後悔をしないために、野原工芸のペンのデメリットを挙げていきます。

野原工芸の狂信者ではない僕が、デメリットにフォーカスして記事を書くので批判的な内容になってしまいますが、単なる一意見なので参考程度に捉えていただけると幸いです。

 

デメリット①値段が高い。

野原工芸は、一番安い樹種のシャーペンでも4,400円です。

これに送料とかも上乗せされるので、実際は約5,000円がかかります。

 

シャーペン1本に5,000円って中々に手が出しづらいですよね。

大体同じ価格でEcho DotFireタブレットが購入できちゃうし。

 

後々の生活を考えたら、「野原工芸のペンよりEcho Dotとかを買った方が良い」というのは自明の理かなと思います。

それに、そんな高いペンを日常的にガシガシ使うのは心理的ハードルも高いしね。

 

 

デメリット②とにかく重い。

日常使いのペンが20gまでの人にとっては、野原工芸のペンは世界が全く違います。

悪いことは言わないので、購入前に文房具店などで30gのペンを触ってみた方が良いです。

たった10gの違いなのに、ほんと笑っちゃうくらい重いから。

 

重さっていうのは、それだけでデメリットとなります。

重量がある分、「書いてる時の音が良い!」とか「ペンの自重で力を入れずに書ける!」という意見もあるけど、重量が上がることで取り回しがし辛くなるのは避けられないし。

長時間の筆記や、筆記スピードを要求される場面には向かないと個人的に思います。

 

「慣れれば早く書けるようになる」という話も聞きますが、そんな修行するくらいなら軽いペン買った方が良いよね…。

というか、そんな修練を積んだのなら、その状態で軽いペンを使ったら爆速で文字が書けるよね???

 

触れてはいけないこの世の真理に気付いてしまったのかもしれない……。

 

デメリット③手に合わない可能性がある。

フィット感は、軸の太さと手の形や大きさに依るので、どんなに使い込んでも慣れない人は慣れないです。

 

好んで細軸を使っている人が買ったら、最終的には観賞用のオブジェとなる可能性が非常に高い

工芸品なので、それも正しい使い方ではあるんですけどね?

 

ただ、ペンとしての使用を考えているのであれば、手に合わない可能性があることを念頭に置いて、購入するのが良いと思います。

 

デメリット④シャーペンとボールペンの組換対応不可。

年齢が上がっていくにつれて、シャーペンを使う機会は減っていきますよね。

だから「学生の内はシャーペンで、社会人になったらボールペンに変更する!」と考えて野原工芸を購入する人も多いとは思います。

実際に、野原工芸はこれまでペンの組換対応を受け付けておりました。

 

しかしながら、現在は組換対応を受けておりません。

注文数が多くなったため、部品が組換に回せなくなったのが理由みたいです。

 

今後、もしかしたら組換対応が復活する可能性もあるけど暫く先になると思いますし、場合によってはこのまま対応しなくなることも考えられます。

購入の際はご留意ください。

 

終わりに。

ということで、今日は野原工芸のシャーペンのデメリットについてでした。

正直な話、”書きやすさ”という観点でみたら最高の筆記用具とは言えないと思います。

もっと安くて書きやすいペンは沢山あるし。

 

結局のところ、”書きやすさ”を取るか、”デザイン性”を取るかって話になるんだと思う。

書きやすくないとしても、所有欲は圧倒的に満たしてくれる一本ではあるしね。

 

貴方は、筆記用具に何を求める?

 

以上!

また明日っ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました