n o i n d e x が 倒 せ な い 。

ブログ運営

何回やってもっ、何回やってもっ、noindexが倒せ〜〜ないよ〜〜〜!!

 

どうも、taigaです。

今日は、Google Search Consoleで検出された”送信されたURLにnoindexタグが追加されています“というエラーの修正方法についての記事です。

今日の記事はほとんどが僕の奮闘記になります。

なので、お前の語りなんてどうでも良いから答えだけが知りたい!!という方のために修正方法を超簡単にいうと、

  1. 「設定」で「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外す。
  2. 「〇〇設定(←テーマ名が入る)」の「SEO」でnoindex関連のチェックを外す。

    【上記2つで修正できない場合】
  3. プラグインから「Google XML Sitemaps」を無効化する。

で、noindexに関するエラーメッセージは撲滅できます。

 

この答えに辿り着くまでに3時間くらいかかったんだけど、これこそが1番のエラーだと思うんだ僕は。

 

Google先生からエラー修正への招待状が届く。

ことの始まりは、数日前にGoogle Search Consoleから届いたこのメール。

あー、なるほどなるほど。なるほどね?

 

まぁ正直言って、ちょっと何言ってんのか全然分からなかった。

 

とはいえ、メールの内容を思いっきり噛み砕いたら、

Google先生
Google先生

お前のサイトでエラー出てっから修正しとけ!
ちなみに言っとくと、エラーの内容は「noindexタグの追加」だ!

ってことを言ってるのはなんとなく分りました。

 

それ以上先も噛み砕いて理解しようと思ったのですが、「indexがnoなのになんで追加とかすんの?ひょっとしてツンデレ?」となったので諦めました。

 

一応、Google Search Consoleを開いてエラーを確認してみたら、

って感じでした。

 

結局意味はよく分からなかったのですが、「エラー出てるなら直した方が良くない?」ということで、軽い気持ちで修正を決意しました。

  

ここからが笑っちゃうくらい長い道のりだった…。

 

解決策①「設定」で「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外す。

修正を決意したと言っても、「noindexタグが追加」という文言が理解できないので、初っ端からLv.99の敵と戦闘みたいな気分でした。

とはいえ、今はGoogle先生で検索すれば何でも答えてくれる時代なので、とりあえず表示されてるエラーメッセージをぶち込んで検索をしてみることに。

 

結果、何も分からなかった。

 

いや、違うんだ言い訳をさせてくれ!!!

どいつもこいつもめちゃくちゃ専門的な話をするのが悪いと思うんだよ!!

僕としては「答えはこれ!!難しいことは考えなくて良いよ☆」ってくらいのスタンスを期待してたのに!!

 

あまりの専門性の高さに面を食らって、調べてはそっと画面を閉じるのを数回繰り返したんですけど、なぜか突然、

『ダッシュボードを開いて「設定」から「HTML形式でのサイトマップを含める」にチェックが外れているかを確認した方がいいよ!』

っていう答えが見えてきた。

どういうカラクリなのかは分からない。

 

実際に見直してみた。

言われた通りに、ダッシュボードから「設定」を開いて確認してみると、

 

 

 

 

なんかチェック入ってる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

僕には設定を弄った記憶は欠片もないので、多分デフォルトでチェックが入ってるものっぽいですね。

言われた通りにチェックを外して、サーチコンソールでURL検査を再度クリックしたら、

 

 

 

 

……………。

何も変わらないんだけど〜〜??????

 

言われた通りにチェック外したじゃん!!!なんで変わらないの!?

あれれ〜?おかしいよ〜??」と僕の心の中のコナン君も言っていました。

 

「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックもエラーの原因ではあるようなので、そのままにして次の原因を探すことに。

 

解決策② 〇〇設定(←テーマ名が入る)」の「SEO」でnoindex関連のチェックを外す。

再びGoogle先生と向き合って、調べてはそっと画面を閉じるを繰り返す作業に入りました。そして暫くしたら、

『自サイトの「〇〇設定」からSEOのタブを開いて、noindex関連のチェックが外れているかを確認した方がいいよ!』

という答えが舞い降りてきた。

何これ?天啓?

 

実際に見直してみた。

ダッシュボードから「cocoon設定」を開いて、「SEO」のタブを選択。


で、実際に確認してみたら、

 

 

 

 

 

いや、めちゃくちゃチェック入ってる〜〜〜〜!!!!!!!!

 

 

 

 

 

1つ2つとか可愛いものじゃなくて、計6個のnoindexどもがいました。

これも弄った記憶はないので、きっとデフォルト状態で設定されるものなんだと思います。

さっきから思ってたけど、ひょっとしてWordPressはサチコ(Google Search Console)のことが嫌いなの?

 

一思いに全てのチェックを外し、再々度サチコでURL検査をクリックしたら、

 

 

 

なんか更に専門的なワードが出てきたんだけど??????

 

 

解決策③ プラグインから「Google XML Sitemaps」を無効化する。

もうここまできたら文面の内容を読み解く気すら起きず、思考放棄してエラーメッセージをそのままぶち込んで検索しました。

 
そしたら、そこにはさっきまでの比じゃないくらい専門的な話が広がってた。

 

 

はい、むり〜〜〜!!!!!

なんなの?一見さんお断りの居酒屋なの?????

一番上の検索結果のサイトで実際のコードとか編集画面を出してくるとか、修正の敷居が高すぎるんだけど????

 

 

 
半ば意地になりながら、感情を押し殺して検索をし続けてました。すると、

「何も弄ってないのなら、プラグインに問題があるんじゃない?」

という文が目に入ってきた。

 

神は言っている…ここでしぬ運命(さだめ)ではないと…。

 

実際に見直してみた。

自分のプラグインを確認してみたら、1つ気になるものが目につきました。

 

Google XML “Sitemaps”????

何かが頭を掠めたので、サチコの画面を見返してみると、

 

 

 

エラーが出してるのもsitemapだ…。

名前からして怪しさしかなかったので、一思いにプラグインを無効化してみました。

そしたら、

 

ついに登録できた〜〜〜!!!!!

 

これでようやく、3時間にも及ぶ長き闘争が幕を閉じました。

 

終わりに。

ということで、今日はnoindexについての記事でした。

プラグインのGoogle XML Sitemapsは無効化していますが、サチコではsitemapが機能していることになっているので、恐らく被ってしまって共存不可だったんだと思います。

 

まぁ今日の結論として一番言いたいことは、

WordPressもサチコもプラグインも、みんな仲悪すぎない?

ということ。

 

もっと仲良くした方が良いと思うよ!!!

 

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました