コロナ禍の今こそ極上のスキンケアを。村岸産業の”熊野筆ROTUNDA洗顔筆”

生活雑貨


どうもtaigaです。

今日はクラウドファンディングサイト”Makuake”で見つけた、村岸産業の洗顔筆”熊野筆ROTUNDA洗顔筆“を紹介していきます。

 

創業90余年の『村岸産業』がプロデュースする筆は、柔らかな穂先や肌あたりの良さから国内外問わずに指名されるブランド筆として名を馳せており、今回発売した洗顔筆も期待が持てます。

マスクを常に肌に当てるこのご時世。

マスクで肌荒れをしてしまったという方も多いのではないでしょうか?

そういった方にオススメできるのが、この熊野筆ROTUNDA洗顔筆になります。

 

ということで、以下からこの商品のメリット4つ、デメリット1つを紹介していきます。

 

Makuake|0.1mmが4.7万本!ブラシではなく筆で洗う。「熊野筆ROTUNDA洗顔筆」|Makuake(マクアケ)
Makuakeの現在放映中のテレビCM内で、紹介されているプロジェクトです。 前回4,700万円以上の応援購入を集めた大人気「熊野筆ROTUNDAボディブラシ」から、Makuakeユーザーの声を受け待望の「洗顔筆」が登場しました。熊野筆は、江戸時代から続く筆づくりの職人技で現代まで脈々…

 

メリット①とにかく肌触りがいい。

熊野筆ROTUNDA洗顔筆は、PBTという合成繊維に上質な山羊の毛を混ぜ込んで作られています。

山羊の毛は化粧筆でもよく使用される素材であり、なめらかな毛先はうっとりとする肌触りと程よい弾力を感じさせます。

また、その毛は1筆あたり約4.7万本生えているとのことですので、筆を当てると余すことなくその肌触りを体験することができます。

極上の触り心地を体験してみてください。

 

メリット②肌を傷つけずに毛穴の中まで洗える。

熊野筆ROTUNDA洗顔筆は、0.1mmの極細毛となっております。

通常、毛穴の大きさは約0.2mmと言われているので、この洗顔筆を使えば肌を擦らず毛穴の汚れやザラつきの原因となる古い角質をキレイにできます。

これはサイトの画像を見ると分かりやすいのですが、洗顔筆を使ったときと手洗いの時ではこんなにも違います。

https://www.makuake.com/project/muragishi02/

手洗いだけではやはり毛穴の中までは届かないので、いつも綺麗にしたつもりでも汚れが残ってしまうみたいですね。

筆を使わない洗顔は、”洗顔”と呼べないのかもしれません…。

メリット③泡立ちが良い。

https://www.makuake.com/project/muragishi02/

熊野筆ROTUNDA洗顔筆は、中心部の毛丈を短くして中央にくぼみを持たせております。

この独特な形状によって、泡を中央に集めて逃げなくなっており、泡立ちもよくなっています。

また、毛量の多い筆に特有の中心が乾きにくいというデメリットも、この構造で改善しております。

使用後になかなか乾かないとなると筆が傷みやすくなりますし、折角の触り心地も失われてしまうので、この構造は非常にありがたいですね。

 

メリット④サイズが2種類展開。

https://www.makuake.com/project/muragishi02/

熊野筆ROTUNDA洗顔筆のサイズは、用途に応じて使えるように“ボリューム”と”小鼻用”の2種類展開になっております。

ボリューム

  • 顔全体を洗える大きさの洗顔筆。
  • 贅沢に穂先の柔らかさを堪能でき、髭剃りの際にも使えるサイズ感。
  • サイズ:全長 約88mm 毛丈 約43mm 直径 約40Φ

小鼻用

  • 小鼻周りなど小回りのきくサイズの洗顔筆。
  • 指先の形状に似た適度なカーブが顔の凹凸にフィットし、小鼻周りの汚れを集中的にケアできる。
  • サイズ:全長 約75mm 毛丈 約25mm 直径 約25Φ

自分がどの部位に使うのかを考えた上で購入してみると良いかもしれません。 

 

以上がメリットになります。

続いて、僕が思った唯一のデメリットを紹介します。

 

デメリット①値段がちょっと高い。

こちらの商品の値段は、以下の通りとなっております。

クラファン価格一般販売価格
ボリューム5,742円6,380円
小鼻用3,553円4,180円

クラファンで購入できる今なら安く購入ができますが、それでも洗顔用品として考えるなら高価な部類に入りますね。

洗顔用品などの日用品にお金をかけたくないとお思いの方には手が出しづらいと思います。

とはいえ、自粛期間でお金を使う機会が失われていることですし、こういう時にこそ普段購入しない価格の商品を買ってみるのもアリかもしれません。

この商品は、きっと値段相応の感動が待っています。

 

終わりに。

ということで、今日は熊野筆ROTUNDA洗顔筆の紹介でした。

金額は少しばかりお高いですが、その金額に見合った体験をさせてくれると思います。

マスクを常に肌に当てるこのご時世だからこそ、スキンケアに気を使ってみるのは如何でしょうか?

なお、クラファンの期間は3月18日までですので、購入を検討している方はご注意してください。

 

以上!

また明日っ

 

↓今回紹介した商品はこちらから購入できます。

Makuake|0.1mmが4.7万本!ブラシではなく筆で洗う。「熊野筆ROTUNDA洗顔筆」|Makuake(マクアケ)
Makuakeの現在放映中のテレビCM内で、紹介されているプロジェクトです。 前回4,700万円以上の応援購入を集めた大人気「熊野筆ROTUNDAボディブラシ」から、Makuakeユーザーの声を受け待望の「洗顔筆」が登場しました。熊野筆は、江戸時代から続く筆づくりの職人技で現代まで脈々…

コメント

タイトルとURLをコピーしました